カマグラゴールド、スーパーカマグラ比較レビュー - ED治療薬LABO

カマグラシリーズ 徹底比較レビュー

カマグラシリーズKAMAGRA

豊富なバリエーションが特徴の
ED治療薬カマグラシリーズ

バイアグラジェネリックのカマグラシリーズは、シルデナフィルを主成分としたED治療薬。シルデナフィルは、勃起不全の原因になるホスホジエステラーゼ5(PDE-5)の生成を抑制することで血流増大を促し勃起不全を改善します。

カマグラシリーズの特徴はバリエーションの豊富さで、錠剤タイプの「カマグラゴールド」、ゼリー対応の「カマグラオーラルジェリー」、水なしで飲めるOD錠タイプなど様々な種類があります。

バイアグラジェネリックということで値段もバイアグラの5分の1程度で入手可能。 品質についても、販売・製造を行っているアジャンタファーマ(Ajanta Pharma Ltd)は、従業員数2000人以上、20か国以上でビジネスを展開しているインドのグローバル企業で、ED治療薬以外にも心臓病や抗マラリアの薬等を製造しており、製品としての信頼性は非常に高いと言えるでしょう。

カマグラ ラインナップ

錠剤タイプやゼリータイプなど豊富なバリエーションがあります。さらに、日本の医療機関において処方されるバイアグラではシルデナフィルの成分量が最大でも50mgという制限がありますが、カマグラの場合は100mgが選択できるという特徴があります。

bpm_h2_02カマグラの特徴

POINT

バイアグラと同じシルデナフィルが主成分のED治療薬

バイアグラジェネリックのため5分の1程度の価格で入手可能

バイアグラで一躍有名になったED治療の成分、シルデナフィル。

もともと狭心症の治療薬として研究開発されていたものですが、勃起促進等の効果があったため、現在では代表的なED治療薬の成分として処方されています。
その作用は、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)という物質の活性を阻害することで陰茎部の一酸化窒素(NO)の分解を妨げて、陰茎部の血流不良を改善します。結果、勃起の開始、維持を助けます。

シルデナフィルを摂取すると勃起するということではなく、あくまでも性的な刺激に対する反応時に、効果的に勃起を促す作用があるというものです。そのため、性欲自体の促進、早漏等の防止には効果はありません。

ただし、カマグラシリーズの中で「スーパーカマグラ」については、セロトニンへの作用によって、早漏防止効果を併せ持つ合薬になっています。

POINT

バイアグラジェネリックのため5分の1程度の価格で入手可能

バイアグラと同じシルデナフィルが主成分のED治療薬

バイアグラなどのED治療薬をクリニック等の医療機関で処方してもらう場合、保険適用ではありません。そのため、病院などによって金額等も違ってきます。

バイアグラのおおよその価格としては、シルデナフィル50mgタイプのもので、1錠あたりおおよそ1,300円~1,600円程度。

それに対して、バイアグラジェネリックのカマグラゴールドを個人輸入で入手した場合、1箱12錠入りで2,500円~3000円程度になります。

1粒あたりにすると200円~250円と、バイアグラの5分の1程度の金額で入手することができます。

POINT

ジェネリック大国であるインドのグローバル企業、アジャンタファーマ社が製造販売

ジェネリック大国であるインドのグローバル企業、アジャンタファーマ社が製造販売

カマグラシリーズは、インドで製造されているED治療薬です。
インドは、ジェネリック医薬品の製造国として有名で、カマグラシリーズを生産しているアジャンタファーマ社も従業員数が2000人を超え、海外展開も20か国以上というグローバル企業です。

設立から40年以上の歴史を誇り、2000年にはインドの株式市場に上場しています。
ED治療薬以外では、抗マラリアや心臓病、皮膚病、消化器や呼吸器系の医薬品の製造販売など、幅広くを行なっており、高い技術を持った製薬会社と言えるでしょう。

bpm_h2_03カマグラの注意点・副作用

カマグラの注意点・副作用
注意点1

服用と効果までの時間と服用期間をチェックしましょう

服用と効果までの時間と服用期間をチェックしましょう

バイアグラと同じく、カマグラシリーズもシルデナフィルのため、服用から効果が出るまで30分から1時間程度の時間がかかるといわれています。

持続時間は4~5時間程度ですが、満腹のときは効果が弱くなるため、なるべく空腹時に使用をすることをおすすめします。
服用間隔は1日1回で、24時間以上空ける必要があることも頭に入れておきましょう。

カマグラの注意点・副作用
注意点2

主な副作用はバイアグラと同様シルデナフィルによる血管拡張作用が原因

主な副作用はバイアグラと同様シルデナフィルによる血管拡張作用が原因

シルデナフィルは血管を拡張させる作用があるため、副作用もそれに伴うほてりや鼻づまり、頭痛、目の充血や動悸などがあります。

飲みあわせ等についても、狭心症や心筋梗塞で使われるニトログリセリンなどの硝酸剤と同じような効果があるため、肺・心臓疾患治療薬との併用は禁忌のため注意しましょう。

入手方法は個人輸入のみ。偽物に注意

バイアグラジェネリックのカマグラシリーズは、バイアグラと違い、日本では認可されていないため、クリニック等での処方はされていません。そのため、入手は個人輸入になります。個人輸入とは販売を目的とせず、自己で使用するのみの医薬品の場合、税関のチェックのみで輸入が可能というものです。

しかし、ED治療薬はカマグラシリーズ等を含めて偽物も多いため、オークション等では購入せず、個人輸入代行を利用するのが一般的になっています。