「カマグラ」と「レビトラ」価格・有効成分・効果等の比較 | カマグラシリーズ比較レビュー

カマグラシリーズ比較レビュー > 「カマグラ」と「レビトラ」価格・有効成分・効果等の比較

「カマグラ」と「レビトラ」価格・有効成分・効果等の比較

img04

ED治療薬には、有名なバイアグラの他にもカマグラやレビトラなどがあります。

同じED治療薬として、勃起不全の改善や勃起力の強化などの目的で使われる治療薬ですが、これらには具体的にどんな違いがあるのでしょうか?
カマグラとレビトラを例にとって、この2つの治療薬の違いを見てみましょう。

カマグラの特徴

ジェネリック医薬品なのでリーズナブル

カマグラは、ジェネリック医薬品大国であるインドの有名な製薬会社アジャンタファーマ社で製造、販売されています。
ジェネリック医薬品ですので、バイアグラに配合されているものと有効成分は同じなのにもかかわらず、価格が大変リーズナブルだとして注目を集めています。

カマグラの相場としては、1錠100mgで定価625円です。
個人輸入等を利用すれば、バイアグラの5分の1~4分の1程度の価格で入手できるケースもあります。
継続使用を考えている方には手を出しやすい薬と言えるのではないでしょうか。

有効成分は「シルデナフィル」

カマグラもレビトラも同じくED治療薬ですが、それぞれに配合されている有効成分に違いがあります。
カマグラの有効成分は「シルデナフィル」というものです。

食事やアルコールの影響を受けやすい

カマグラの注意点として、空腹時に服用しなければならないという点があります。
食事の影響に加えアルコールやカフェイン等の影響が出てしまうため、空腹時かつ性行為の1時間くらい前に服用する必要があります。
このように服用のタイミングは限定されてしまいますが、注意していればそれほど使いにくい薬ではないと思います。

レビトラの特徴

即効性・持続時間に優れた新薬

レビトラは、ドイツの製薬会社バイエル社で開発されたED治療の新薬です。

バイアグラやそのジェネリックであるカマグラは、高い効果が期待できる反面副作用が不安視されています。
一方でその他のED治療薬であるシアリスは、持続時間が長いというメリットがあるのですが、その分効果は弱いと言われています。
そんな中、カマグラの効果の高さとシアリスの持続時間の中間程度の効果が得られると言われているのがこのレビトラなのです。

また、レビトラは即効性が高い上、食事の影響を受けにくいというのが大きな特徴です。
他の多くのED治療薬では、食事の後では本来の効果が発揮されにくく空腹時に飲まなければならない等の制約が多いため、薬を飲むタイミングをはかるのが面倒だと言われていました。
そのため、レビトラのように飲むタイミングが限定されないことは大きなメリットと言えるでしょう。

有効成分は「バルデナフィル」

レビトラの有効成分は「バルデナフィル」と言う成分です。
ただし、カマグラもレビトラも、ホスホジェステラーゼタイプ5を阻害する作用があるという点では同じです。

新薬のため1錠2000円と高額

デメリットとしてあるのは、その値段の高さでしょうか。
レビトラはカマグラと違いジェネリック医薬品ではなく新薬(先発医薬品)なので、価格を抑えるのが難しいのです。

レビトラは1錠20mgで定価が2000円なので、同じく先発医薬品のバイアグラと同等のレベルで高価です。

併用禁止薬が多い

一緒に使用してはいけない併用禁止薬の種類が多いのも、特徴的なデメリットだと言われています。
例えば、抗ウイルス薬や不整脈向けに処方される薬などの処方を受けて飲んでいる方は、レビトラの使用は禁止されています。


このように、カマグラとレビトラにはさまざまな違いがあります。
価格面だけで言えばカマグラが良さそうですが、レビトラは新薬というだけあってカマグラでは手の届かなかった悩みもカバーできる等のメリットもあります。

予算や求めている効果等とこれらの特徴を照らし合わせ、ご自身にぴったりの治療薬を探していきましょう。